住宅

シロアリ駆除で家を守る~害虫駆除はプロにお任せ~

ハクビシンを駆除する

家

近年、日本に唯一存在するジャコウネコ科のハクビシンという害獣の被害が増しています。ハクビシンは、高い糖度を好んで食べる習慣があるため果樹園などの被害が年々増加している一方です。また、果樹園だけではなくゴミを散らかし漁ることで餌を探す場合もあるため郊外での被害も最近では増えてきています。このような被害に加えて、最近では屋根裏などにハクビシンが巣を作ってしまいそれによる被害も増しています。ハクビシンは夜行性のため夜活発に行動を開始します。そのため、屋根裏で夜中活発に行動されると足音などの騒音被害も続出しています。何より、住み着くことによって屋根裏に糞や尿などをばらまいてしまう可能性が非常に高くなり衛生的な問題が発生してしまいます。ハクビシンの尿や糞には細菌などが多く健康被害も起きてしまう可能性があります。そのため、ハクビシン駆除を早急に行なう必要があります。

ハクビシン駆除は、幾つかの方法で行なうことができます。捕獲器を使って、家屋からハクビシン駆除を行なう方法です。設置する場所は、ハクビシンが移動すると思われる通路や寝床へ至るまでの通路に設置することで捕獲する確率を高めることができます。また、業者に依頼することで確実にハクビシン駆除を行なうことが可能です。プロの技術や知識によってハクビシン駆除を行ないます。寝床、通り道など徹底的に潰すことでハクビシン駆除をすることが可能です。ただし、ハクビシンは鳥獣保護法で守られています。基本的に駆除の対象になるのは、被害をも足らせるハクビシンだけです。ハクビシン駆除には自治体の許可申請を行なう必要があるので駆除を行なう前に問い合わせをしておく必要があります。